EPAとDHAは体内で生成されない!

サプリメントに副作用はないの?

DHAやEPAの副作用のリスクは?

□ 人によっては消化不良を引き起こすことも

DHAやEPAは健康に良い成分として主にサプリメントから摂取されています。適切な量を正しく使用すれば安全に健康作りをサポートしてくれるのですが、副作用のリスクもあるためきちんと把握した上で用いましょう。DHAやEPAを飲んだからといって必ずしも副作用が起こるわけではありません。しかし、一度に大量に摂取すると次のような副作用が出る場合があります。 まずひとつが、吐き気や下痢です。DHA、EPAともに油ですのでどうしても消化器官が弱っているときに大量に摂取してしまうと消化不良を起こします。これが原因で胸焼けや吐き気、胃もたれ、下痢など消化器官に関係する副作用が起こる可能性があります。

そしてもうひとつが出血したときにそれが止まりにくくなるのも副作用のひとつとして覚えておきましょう。DHAやEPAは血液をサラサラにする働きを持っています。これは血管を丈夫にしたり、ドロドロの血液をサラサラにすることで体調を良くすることが期待できます。しかし一方で、出血した際に血液を固める血小板の働きが弱まってしまうため、ケガをしたときになかなか血が止まらないこともあります。例えば、仕事柄頻繁に傷を負いやすい、虫歯治療や抜歯などをするときには一時的にDHA・EPAのサプリメントは服用を控えたほうが良いでしょう。

人気のサプリをご紹介!

※当サイト運営者の独自の基準に基づいたランキングです。

常用薬がある人は注意が必要

□ 血圧を下げる薬や血を固まりにくくする薬は特に注意

DHAやEPAのサプリメントを飲む場合、事前に医師に確認したほうが良い場合があります。特に血圧を下げる薬を服用している方や、血栓予防のために血が固まりにくくなる薬を飲んでいる方はこれらのサプリメントに注意しましょう。基本的にこれら以外の薬との飲み合わせが悪い、という報告はありません。ですので、常用している薬がある方はDHA・EPAのサプリメントを生活に取り入れる前に医師に相談した上で使用を検討していきます。基本的には適量を守ればほとんど問題はありません。万が一体調不良など副作用だと思われる症状が現れた場合は直ちに使用を中止して医師に相談しましょう。

DHAやEPAは私たちの体の中で合成できる成分ではないため必ず食事から摂取しなくてはなりません。ですが、サプリメントに頼らなくても毎日の食生活の中で補えるものです。基本的には青魚に多く含まれており、できれば熱を通さない刺身で食べるとより効率よく摂取できます。毎日魚を食べ続けるのが大変だ、という方や一度にたくさん食べるのが難しい方は足りていない部分をサプリメントで補うようにしましょう。また必ず用法・用量を確認した上で、それを守って利用することを心がけましょう。

人気のサプリをご紹介!

※当サイト運営者の独自の基準に基づいたランキングです。