DHA・EPAには優れた抗酸化作用がある

がん対策を補助する効果あり

DHA・EPAががんの対策の助けになる

□ がんの発生条件のひとつは摂取する脂肪酸にある

日本人の死因のトップは「がん」です。様々な部位で起こり、一度発症して発見が遅れると全身に転移して治療できなくなってしまいます。そのため早期発見が大切なこと、そして普段からの生活習慣の見直しなどがん予防を心がけることが重要です。昔から日本人は胃がんが起こりやすかったのですが、現代のように多種多様ながんが起こることは珍しかったとされています。発生原因については実に様々な要素が絡んでおり、また遺伝的な部分もあります。しかし食生活の欧米化に伴う動物性脂質(飽和脂肪酸)の摂取量が増えたことが大腸がんや乳がんの増加を招いていると考えられています。

動物性脂質の過剰摂取ががんをもたらすことは広く知られています。そしてリノール酸と呼ばれるオメガ6系に分類される植物油もまた多量に摂取することで血液をドロドロにしてしまい、細胞をがん化させる要素のひとつであるプロスタグランジンという物質を生成してしまいます。そこでがん予防をサポートするのに効果的な成分として注目を集めているのがDHAやEPAです。これらは青魚に多く含まれており、動物性脂質やリノール酸の働きを抑える効果が期待されています。実際にDHAやEPAを日常的に摂取することでがん予防効果があることを証明した実験も盛んに行われています。

人気のサプリをご紹介!

※当サイト運営者の独自の基準に基づいたランキングです。

DHAががん対策に働きかける理由

□ 優れた抗酸化力とがん細胞の原因に働きかける

青魚に豊富に含まれているDHAやEPAががん対策の助けとなる理由には次のようなものが考えられます。まずひとつは、優れた抗酸化作用を持っていることです。細胞のがん化と深い関係にある活性酸素は私たちがただ生きているだけでも増え続けてしまいます。これが細胞を刺激することでがん化を促進させているのではないかと言う説が有力です。DHAやEPAはそれ自体は非常に酸化しやすいものなのですが、摂取することで体の中に発生してしまった活性酸素を体外に排出してくれます。これによってがん対策に有効だと考えられます。

そして、正常な細胞をがん細胞に変化・増殖させる「プロスタグランジンE2」という成分の生成を抑制する働きがあることもわかっています。これは、アラキドン酸という成分によって生成されているのですが、DHAやEPAを摂取するとアラキドン酸の量が減るため結果的にプロスタグランジンE2の生成抑制に繋がるというわけです。 もともとの日本人のがんの発生率と現代の発生率を比較し、その原因として特に大きく変わった点に食生活が挙げられます。普段から魚を食べていた日本人が欧米化に伴い肉食中心になったことが大きいと推測されます。魚を中心とした食生活を心がけること、足りていない分はサプリメントで補うなど工夫して健康的な毎日を手に入れましょう。

人気のサプリをご紹介!

※当サイト運営者の独自の基準に基づいたランキングです。