魚が苦手な方には、えごまやくるみなどがおすすめ

DHAとEPAが多く含まれている食品とは

DHAやEPAを多く含む食品

□ 青魚をはじめとした魚類に多く含まれる

血液をサラサラにするサポートをしてくれることで有名なDHAやEPA。特に中高年以降の健康維持のために人気が高まっています。この成分は体の中で合成できない成分なので食事から摂取する必要があります。ではDHAを豊富に含んでいる食品はどのようなものがあるでしょうか。 基本的に魚に多く含まれています。マグロ、イワシ、サバ、サンマ、アジが代表的です。これらに共通して言えることは青魚であること。マグロ以外はすべて青魚です。DHAとEPAはどちらも不飽和脂肪酸に分類される脂の一種です。

そのため単純に青魚をたくさん食べれば良いと思われがちですが、火を通すと成分が壊れてしまう、さらには旬の季節かそうでないかで脂の乗り方が全く違ってくるため調理方法を工夫しなくてはなりませんし、1年を通してずっと摂取し続けるのは難しいです。もしも旬でない時期に青魚からDHAやEPAを摂りたいときは缶詰を上手に活用していきましょう。基本的にこれらは旬の時期に獲れた魚を加工しているため脂が乗っています。また様々なレシピにも対応させやすいので味に飽きにくく、また保存期間が長いので重宝できます。一部の缶詰にはDHA含有量を記載しているものもあるためスーパーに出かけたときにチェックしてみてはいかがでしょうか。

人気のサプリをご紹介!

※当サイト運営者の独自の基準に基づいたランキングです。

魚が苦手な方はa-リノレン酸がおすすめ

□ えごまやアマニ、くるみ、チアシードなどに含まれる

DHAは青魚を中心に豊富に含まれていることが分かりました。これらを毎日の食事の中に取り入れるのが良いのですが、中には魚が苦手な方や、魚のアレルギーを持っている方もいるかと思います。そうなるとDHAやEPAを摂りたいのにどうしても諦めざるをえないこともあります。そのような方におすすめなのが「a-リノレン酸」を多く含む食品です。a-リノレン酸もまた脂肪酸のひとつす。a-リノレン酸を多く含む食品にはえごま・亜麻仁・くるみ・チアシードが挙げられます。

a-リノレン酸を豊富に含んでいるこれらの食品を食べると体中でEPA、DHAに変換されます。つまり実質青魚を食べたのと同じような働きが期待できるため、魚に対してアレルギーがあったり、あまり味が得意でなかったり、そもそも料理をするのが面倒だという方は考えてみてはいかがでしょうか。これらの食品はなかなか手に入らないこともありますし、あまり一般的な食材ではないためレシピが限られてくることもあります。 その場合はサプリメントを使って上手に補ってあげることも検討してみましょう。ただし魚アレルギーを持っている方はDHAやEPAのサプリメントを飲むことでアレルギー症状が起こる場合があるので医師に相談した上で利用しましょう。

人気のサプリをご紹介!

※当サイト運営者の独自の基準に基づいたランキングです。