痛み止めを飲むよりもサプリで解決!

生理痛を緩和を助ける働きもあり

DHAやEPAが生理痛の緩和を助ける

□ つらい生理痛の原因はプロスタグランジンにあった

女性特有の問題のひとつとして挙げられる生理痛。男性にとっては全く理解できない症状なので社会ではあまり重要視されていない傾向にありますが、人によっては日常生活に支障をきたしてしまったり、場合によっては失神する人も出てくるほどつらいものです。しかし、中には同じ女性なのに全く生理痛が起こらない、あってもごく軽度にしかならない人もいます。 そもそも生理痛を引き起こす原因はプロスタグランジンというホルモンによるものです。これは子宮を収縮させる働きを持っており、これによって子宮内膜を剥がし、生理による血液を子宮から押し出します。

もともと子宮は臓器の中でも血液の流れがあまりよくなく、強い力で押し出す必要があります。その結果生理痛という形で痛みが出てきます。もしも体質的に冷え性だったり、乱れた生活習慣や食生活を続けてしまうとさらに血液の流れが悪くなって、その結果より多くのプロスタグランジンが分泌されるようになり、さらに強く生理痛が出てくるというメカニズムです。実際にいくつかの研究では生理痛の重い人ほどプロスタグランジンの分泌量が多いことが分かっています。健康成分として注目を集めるDHAやEPAには生理痛の原因プロスタグランジンの分泌量を抑制する働きがあります。その結果生理痛が和らぐというわけです。

人気のサプリをご紹介!

※当サイト運営者の独自の基準に基づいたランキングです。

DHAやEPAを取り入れて生理痛を和らげよう

□ 食生活や生活習慣に不安のある方にこそおすすめ

このように、重い生理痛の原因はプロスタグランジンにあるわけですが、もともとの原因を考えると血液の流れが良くないことが大きな原因となります。血液の流れが良くないからこそ子宮内の血液を外に流すことができず、プロスタグランジンを大量に分泌させなくてはなりません。ではどのような生活習慣を送っている方が生理痛がキツイのかというと、動物性の脂肪を多く取りすぎている、運動習慣がなくて冷え性になっている人ほど多く見られるようです。動物性脂肪は肉だけでなく、お菓子やパン、ケーキ、チョコレートなどにも含まれています。女性が大好きな甘い物も生理痛を重くしてしまう可能性があることを覚えていきましょう。

DHAやEPAを摂取することで乱れた食生活による脂質バランスを整える働きが期待できます。そのため毎日の食事の中に魚料理を取り入れるようにする、魚があまり得意ではない方は、a-リノレン酸など植物性のオメガ3系脂質を取り入れることをおすすめします。毎日魚を食べるのが大変な方は不足している分をサプリメントで上手に補ってあげましょう。生理痛が重いと痛み止めを服用する方も多いでしょうが、慢性的に使用していると徐々に効果も薄くなりますし、体に悪影響を与える可能性もあります。まずは生活習慣の見直しと食生活のバランスから整えていきましょう。

人気のサプリをご紹介!

※当サイト運営者の独自の基準に基づいたランキングです。