魚を食べる機会が多い人は視力が良い?

視力回復をサポートする効果あり

DHAは視力回復をサポートする

□ DHAは健康に良いだけでなく視力をクリアに

パソコンやテレビ、スマートフォンなど現代人は何かと目を酷使しがちです。そのため大勢の方が視力の低下や、かすみ目などに悩まされています。健康食品で視力に良いと言われているのがブルーベリーですが、それと同じように効果的だとされるのがDHAです。青魚に多く含まれており、摂取することで脳に蓄積されます。そのため人体の中でも比較的DHAを多く含む器官として脳が挙げられますが、それと同じくらい、あるいはそれ以上に高い濃度で含まれているのが「目」になります。正確には、眼球に多く含まれているのではなく網膜部分の脂肪の中の50%から60%がDHAで構成されています。

比較的多くのDHAが含まれる脳細胞でも平均するとおよそ10%前後、特に多く含んでいる海馬でも20%程度だとされているためどれだけ目に集まっているのかが分かります。DHAを蓄積することによって網膜細胞が柔らかくなります。つまり、網膜の機能を高めてくれるのではないかと期待されているわけです。網膜というのは入ってきた光を像として結び、それを脳に送ることで私たちの視力となります。人間の感覚器官の中で視覚による情報は全体の80%を締めていると言われるほどですので、大切にしたい臓器です。

人気のサプリをご紹介!

※当サイト運営者の独自の基準に基づいたランキングです。

DHA不足が視力の低下を招く?

□ DHAを摂取して視力の回復効果を高める

DHAに関する研究は非常に盛んで、様々な方面から健康に良いことが分かっています。前述した通り、網膜に多く含まれているため摂取量が極端に低下してしまうと網膜の機能が低下して視力障害を招く可能性があると言われています。これは実際に研究でもはっきりとした数値として表れています。アメリカで行われた視力に対する効果を調べる研究では、乳児を対象にしDHA入りのミルクとそうでないミルクのグループに分けた結果、DHAが入っているミルクで育てた乳児の方が視力が良くなりました。しかし、継続的に摂取しないと他のグループと同じ状態に落ちてしまったため、長期間にわたって摂取し続けることが大切だということが分かります。

日本人は昔は魚を主食とした食生活を送っていました。DHAは青魚に多く含まれているため、特に意識しなくても毎日の食生活の中で十分な量を摂取できていたと考えられます。実際に、一般的な人よりも魚を食べる機会が圧倒的に多い漁師はほとんどの方が視力が良好です。普段から魚を食べるように食生活の改善を意識すること、そして毎回の食事だけでは十分に摂取するのが難しい場合はサプリメントなどを活用して上手に補ってあげることが大切です。

人気のサプリをご紹介!

※当サイト運営者の独自の基準に基づいたランキングです。